受動喫煙防止条例制定へ 市町村では初 流山市

受動喫煙防止条例制定へ 市町村では初 流山市

流山市は二十五日、受動喫煙の悪影響から市民を守るため、「市受動喫煙防止条例」を制定する方針を明らかにした。九月一日に開会する定例市議会に条例案を提出する。市の公共施設は敷地を含めて禁煙とし、民間施設のうち公共的空間の室内は、禁煙か分煙を努力義務とする。可決されたら来年四月の施行を目指す。

 市によると、禁煙か完全分煙を義務付ける受動喫煙防止条例は神奈川県が昨年四月、全国で初めて施行した。民間は努力義務とはいえ、市町村での条例制定は流山市が初となるという。

 条例案で禁煙とされるのは、市が設置、管理する市庁舎や公民館、福祉会館、公園などが対象。

 民間施設のうち、未成年者の利用が少ないバーやスナック、居酒屋、パチンコ店、マージャン店などは適用されない。これ以外の飲食店のうち、客席の床面積が百平方メートル以下の小規模店は、施行から二年経過した日から条例が適用される。喫煙室設置の費用を補助する制度を設ける。