京楽:「女性芸人のNo.1メーテル決定戦」

京楽は8月13日、東京・有楽町の東京国際フォーラムにて「ミス・メーテルコンテスト2011〜女性芸人のNo.1メーテル決定戦〜」を開催した。

 司会は陣内智則と「鉄郎」に扮したケンドーコバヤシが務め、2人の軽妙な掛け合いのもと、メーテルの衣装をまとった近藤春菜、箕輪はるか(ハリセンボン)、しずちゃん(南海キャンディーズ)、椿鬼奴、エド・はるみなどが登場すると、そのあまりの酷さに会場は爆笑に包まれた。

 今回のイベントは、京楽が展開している「ミス・メーテルコンテスト2011」のPRを兼ねた番外編。総勢30名のグラビアアイドルたちの中からもっともメーテルにふさわしい美女を選出するこの企画は、週刊プレイボーイ(集英社)とも連動し、見事メーテルの称号を勝ち取った出場者には副賞として同誌へのグラビア出演権が与えられる。