防犯(強盗事件想定)訓練の実施結果について

埼玉県岩槻地区遊技業防犯協力会傘下のコンサートホール岩槻店では、グループ内従業員等に対し、みだしの防犯模擬訓練等を実施致しました。

1 実施日時

平成23年7月19日(火)
午前9時50分頃から午前11時20分頃までの間

2 実施場所
さいたま市岩槻区馬込917番地1 (株)コンチェルト
 コンサートホール岩槻店  1階 事務所及び駐車場

3 参加者
○ 警察関係   
岩槻警察署 生活安全課 戸邉課長以下7名
警察本部生活安全企画課(防犯のまちづくり推進室)竹村係長以下2名
○ 岩槻店・上尾店・蓮田店従業員など 約30名
○ 綜合警備保障会社 東池袋営業所 1名

4 訓練内容
(1)コンサートホール岩槻店に対する強盗事件
帰宅しようとした役職者1名が通用口を出たところで、犯人2名に刃物を突きつけられ、そのまま通用口から侵入された。
さらに、事務所内でミーティング中の店長ら全員を緊縛、うち、店長と役職者の2名に金庫を開けさせ現金を強奪後、役職者1名の手足を粘着テープで縛り金庫内に放置し、店長を通用口まで案内させ車両で逃走するという想定。
(2)110番通報訓練、非常通報装置(警備会社)押下訓練、逃走車両確認訓練
金庫室の閉じ込められた者の救出訓練、被害者事情聴取訓練などを実施した。

5 生活安全課長の講話等
想定事件を病気に例え、病気にならないためにどう予防するかということをホールとして対策を行い実行して欲しい。今回の想定は、病気にかかったらどのように対処するかです。訓練で学んだことを復習して、病気にかからないようにして下さい。との講話があった。
参加者から、「貴重な体験をしました。これを参考に事件に巻き込まれないように注意します。」と大変好評であった。


『訓練風景』