麻雀物語3 役満乱舞の究極大戦 (オリンピア)    ※基本情報

麻雀物語3 役満乱舞の究極大戦 (オリンピア)


導入日:2015年3月16日


「リール配列」




「役構成」




「機械割」




「機種紹介」
「麻雀物語シリーズ」3作目となる本機は1G純増2.9枚のATで出玉を増やすタイプ。
50枚あたり約47G回せる「新基準マシン」で、投資スピードを抑えつつも高純増ATを実現している。
通常ゲーム中のチャンス小役や自力CZを契機に差枚数管理型AT「麻雀グランプリ」へと突入し、スタート時はまず配牌チャレンジで初期枚数を決定。
AT中はチャンス小役でバトルに発展し、バトルに勝利すれば枚数上乗せや「積み棒チャンス」などの上乗せゾーンへと移行する。
AT中の7揃いで突入する「麻雀ボーナス」や3種類の引き戻しゾーンなども存在。
様々な場面でゲームを盛り上げる「サイコロタッチセンサー&バイブ」を搭載している。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ボーナス構成
ボーナスは疑似ボーナスとして、麻雀ボーナス1種類で構成。

●麻雀ボーナス
・7揃い
20〜100G継続(純増約58〜290枚)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■天井
AT間1500G。AT+引き戻しが確定する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■通常ゲーム中の打ち方
左リール枠上付近にBARを狙う。

●角チェリー時
中&右リールにチェリーを狙う(3連チェリーで強チェリー)。

●中段チェリー時
中&右リール適当打ち。

●竹上段時
中リールに竹を狙う(右リールは適当打ち)。
斜め竹で強竹、小役ハズレで竹ハズレ目。

●上記以外
中&右リール適当打ち。
中段リプレイテンパイハズレはチャンス目。

【チャンス小役】
強&弱竹、竹ハズレ目、強&弱&中段チェリー、チャンス目。

【ペナルティ】
通常ゲーム中に中or右リールを第1停止させるとペナルティ発生の恐れあり。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■重要演出

・液晶ステージ
 
通常ゲーム中は荒野ステージに移行すれば高確のチャンス(昼≪夕≪夜)。
「練気の刻」はATの前兆ステージ、「昇華の刻」はチャンス小役の前兆ステージ。

・チャンス小役コンボ

チャンス小役後は保留枠が出現し、パンダ保留時にチャンス小役が成立すればコンボが成功。
コンボ成功が続くほどATや自力CZの期待度アップ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■ボーナス消化手順

押し順ナビ発生時は、ナビに従い消化。
それ以外は、通常ゲーム中の打ち方と同じでOK。

●「麻雀ボーナス」
 
麻雀ボーナスは20〜100G継続。
AT中の7揃いで突入し上乗せゾーンとしての役割を担う。
スタート時は演出モードを選択。

さやか……チャンス告知タイプ、全役で上乗せ抽選
まどか……倍率変動タイプ、ベルで配当を獲得しチャンス小役で倍率アップ
あやか……一撃キュインタイプ、レバーON時に「キュイン♪」と鳴れば上乗せ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■AT消化手順

 
押し順ナビ発生時は、ナビに従い消化。
「○○を狙え!」発生時は、各リールに該当図柄を狙う(押し順ナビありならナビに従う)。
それ以外は、通常ゲーム中の打ち方と同じでOK。


○内部状態

通常ゲーム中は自力CZ抽選を左右する内部状態(低確や高確)が存在。
AT中は液晶に「高確中!」の文字が出現すればチャンス小役の確率が約4分の1にアップ。