主役は銭形2 (オリンピア)  ※基本情報

主役は銭形2 (オリンピア)


導入日:2014年2月3日

「リール配列」



「ゲームフロー」

ボーナス中はチャンス小役や上乗せゾーンで規定枚数の上乗せが期待できるほか、
「不二子チャレンジ」でボーナスのストックも獲得可能。
ボーナス契機は、自力CZ、チャンス小役からの直撃など。
自力CZは「ヒーローチャレンジ」と「サーチライトチャレンジ」の2種類があり、
前者は4人のキャラの中から好きなゲーム性を選択できる。


「ボーナス構成」
■銭形BIG

・枚数管理のAT(擬似ボーナス)。
・初期枚数は150or200or250or300or400or550or711枚。
・1Gあたりの純増枚数は約2.8枚。


7が揃ったライン数によって初期枚数が異なる。
・シングル揃い初期枚数150枚〜。
・ダブル揃い初期枚数200枚〜。
・トリプル揃い初期枚数300枚〜。
・「超銭形BIG」は、最大初期枚数711枚スタート!

■スペシャルリプレイ




「ボーナス確率」

本機には「ボーナス確率」に設定差がある。高設定ほど「ボーナス確率」が高くなっているため、
よく突入している台を狙っていくといい。


「通常時の打ち方」
@通常時の打ち方

・左リール枠内にBARの1コマ下のチェリーを目押しする。
・変則打ちはペナルティ発生の可能性があるので、ナビ発生時以外は、必ず左リールから止めよう。

Aベルがスベってきた場合

・ベルがスベってきた場合のみ、中・右リールににベルを狙おう。


「ボーナス中の打ち方」
@ボーナス中の打ち方

・ナビに従って消化する。


「逮捕目」
■逮捕目(※順押し・ハサミ押しのみ有効)


「チャンス役」
■チャンス役(※順押し・ハサミ押しのみ有効)



「AT抽選フラグ」




「天井について」
天井機能が搭載されている。
▼天井詳細
・最大天井はボーナス間999G。
・926G以降のボーナスは銭形BIGW7揃い(初期差枚数最低200枚保証)となる。



「通常ステージについて」
・通常時のステージは「銭形デスク」・「ICPO周辺」・「漢のドライブ」・「漢の夜景」の4種類が存在する。

・「漢のドライブ」はチャンスゾーン高確率を示唆している。
・「漢の夜景」なら高確や前兆の期待度アップ!


「ルパン大捜査線〜3Gの逮捕劇〜」

・銭形BIG終了後に突入する、3Gの引き戻しゾーン。
・初代「主役は銭形」の3G連を再現したモード!
・3G以内にルパンを逮捕できれば銭形BIG再突入!


「上乗せ特化ゾーン - ゼニガッツ」

・消化中は通常リプレイ以外の全役で差枚数を上乗せする。
・上乗せが連続するほど、1Gあたりの上乗せゲーム数が大きくなっていく。


「上乗せ特化ゾーン - ゼニガターボ」

・「ゼニガターボ」中は、白7が揃うたびに差枚数を上乗せする。
・白7揃い後のレバーONでフリーズが発生すれば、「ゼニカターボZERO」へ発展する。





中古トラック