新鬼武者 再臨     ※基本情報

新鬼武者 再臨


ロデオ/2013年3月導入開始

『リール配列』



『新鬼武者 再臨』AT詳細

「蒼剣RUSH」(AT)

★1ゲームあたり約2.8枚の増加
★1セット50ゲーム+α
★ゲーム数上乗せ&継続率&初当たりストックタイプ
★押し順ナビに従って消化
★規定ゲーム数解除や自力高確ゾーン(10or20ゲーム継続)での自力解除成功で「蒼剣RUSH」に突入
★「鬼の試練」ではほぼ全ての小役で解除抽選(期待度約30%)
★「覚醒の試練」ではカットイン時に赤7揃いで89%継続の「蒼剣RUSH」確定(期待度約30%)
★「蒼剣RUSH」中に「醍醐の花見」移行で「島左近バトル」発生のチャンス
★「島左近バトル」勝利で桜玉(=100ゲーム以上の上乗せ)ストック&「桜花狂乱チャレンジ」が発生
★「桜花狂乱」は10ゲームごとに継続抽選が行われ、毎ゲームリプレイ以外の小役で桜玉ストックを抽選する上乗せゾーン
★「幻魔京バトル」勝利で「蒼剣RUSH」継続確定


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『通常時の打ち方』

<最初に狙う絵柄>

まずは左リール枠上or上段に14番の黒BARを狙う

<停止パターン1>

左リールにスイカが停止したら中・右リールにもスイカを狙う

<停止パターン2>

左リール上段or下段にチェリーが停止したら、中・右リールにもチェリーを狙う

まずは左リール上段付近に14番の黒BARを狙う。左リールにスイカが停止した場合は、中・右リールにもスイカを目押し。左リールの上段か下段にチェリーが停止した場合は、残りのリールもチェリーを狙えば強弱を見抜ける。チェリーが一直線に揃えば強チェリーとなり、揃わなければ弱チェリーとなるぞ。その他のパターンでは特に目押しの必要はない。


『AT中の打ち方』

<基本的な打ち方>

ナビに従って消化すればOK

<ナビナシ時>

通常時と同様の打ち方を実践しよう

本機のATである蒼剣RUSH中は基本的にナビに従っていればOK。ナビがない場合には、通常時と同様の打ち方でレア役を取りこぼさないように消化しよう。


『ゲームフロー』
新たな「蒼剣RUSH」への突入ルートが登場!
特化ゾーンの搭載により「蒼剣RUSH」はさらに強力に

ゲーム性と共に「蒼剣RUSH」への突入経路も規定ゲーム数の消化or高確ゾーンでの自力解除へと変化しており、ゲーム数解除はお馴染みの「鬼モード」への移行で前兆を示唆する▲自力高確ゾーンは「鬼の試練」「覚醒の試練」の2種類で、共に10or20ゲーム継続&蒼剣RUSH期待度は約30%。覚醒の試練での解除に成功すると、89%ループの蒼剣RUSH突入が確定だ▲そして蒼剣RUSH中は直乗せや宝玉ストックといった既存の上乗せに加え、強力な上乗せトリガーとして「島左近バトル」と「桜花狂乱」が追加された▲島左近バトルは主に前兆を煽る「醍醐の花見」を経て突入し、バトル勝利時には100ゲーム以上の上乗せが確定する「桜玉」を獲得。さらに続く「桜花狂乱チャレンジ」に成功すれば、本機最強の上乗せ特化ゾーンである桜花狂乱に突入となる▲桜花狂乱は10ゲームごとに継続抽選が行われ、滞在中はリプレイ以外の全小役で桜玉ストック獲得のチャンスとなるぞ。