麻雀物語2 激闘!麻雀グランプリ  ※基本情報

麻雀物語2 激闘!麻雀グランプリ


オリンピア/2012年11月導入開始

『リール配列』


『役構成』


『スペック』


『ペナルティ』
通常時に変則押しをするとペナルティが発生する可能性アリ

『ART詳細』
★1ゲームあたり約2.8枚の増加
★1セット40ゲーム+α
★ゲーム数上乗せタイプ
★押し順ナビに従って消化
★主に「集中ステージ」(ゲーム数前兆)経由や「超高確率ゾーン」(ART期待度約50%)中のレア小役、「麻雀チャレンジ」(自力解除期待度約30%)中のBAR揃いからARTに突入
★ART中のレア小役でゲーム数上乗せ&「上乗せ麻雀バトル」突入を抽選

・・・・・・・・・・・・・・・・

『通常時の打ち方』

<最初に狙う絵柄>

まずは左リール枠上or上段に17番のBARを狙う

<停止パターン1>

左リールに竹絵柄が停止したら、中・右リールにも竹絵柄を狙う

<停止パターン2>

左リール上段にチェリーが停止したら、中・右リールは適当打ち

<停止パターン3>

左リール中段にチェリーが停止したら、中・右リールは適当打ち

<停止パターン14>

左リールの停止型が上記の場合は、中・右リールは適当打ち

※まずは左リール上段付近に17番のBARを狙う。目押しが必要なパターンは左リールに竹絵柄が停止した場合のみで、その際は中・右リール共に白7を目安に竹絵柄を狙おう。竹絵柄が上段か下段で揃ったら弱竹リプレイ、中段か斜めに揃えば強竹リプレイとなる。竹絵柄テンパイがハズれた場合は、ハイチャンス目の可能性があるぞ。左リール上段にチェリーが停止した場合は、中・右リール共に適当打ちし、右リールの停止型で強弱を判別しよう。右リール中段にベルが停止していれば弱チェリー、白7・BAR・竹絵柄のいずれかなら強チェリーだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

『ART&ボーナス中の打ち方』

<基本的な打ち方>

ナビに従って消化すればOK

<ナビナシ時>

通常時と同様の打ち方を実践

※ART中や麻雀BONUS中は基本的にはナビに従えばOKとなる。ナビがない場合には通常時と同様の打ち方で、レア役を取りこぼさないように打とう。また、ART中の白7を狙えカットイン時は、指示に従い各リールに白7を狙えばOKだ。

・・・・・・・・・・・・・

「麻雀チャレンジ」抽選フラグ


ART中「上乗せ麻雀バトル」抽選フラグ