CRバイオハザード    ※朝一ランプ、セグ/潜伏について

CRバイオハザード


導入日:2013年12月2日

『スペック BL-F』
大当たり確率:1/399.6→1/40.76
賞球数:3&1&10&14
ラウンド数:2or5or10or16R/9C
確変:81%



『判別情報』

・朝一ランプ
おそらくラウンド数ラウンド数表示ランプの左上のランプと思われます。




・サバイバルモード
SPリーチはずれや全図柄消灯で突入するサバイバルチャンスは5R当たりか小当たり。
右打ち失敗で小当たり。通常モードへ。
打ち成功でサバイバルボーナス。ラウンド中にバイオシャッターが落下すれば確変ガンシューティングモードに。そうでなければサバイバルモードに突入し時短無の確変か通常。
ハンドガン<ショットガン<グレネードランチャー<マグナムリボルバー<ロケットランチャーの順に確変期待度が変化。
モード抜けしなければ潜確継続。モード抜けで通常確定。 

・エスケープモード
エスケープモードはガンシューティングモード敗北時に突入する出玉無の2R確変(出玉無、潜伏)か2R通常(出玉無、時短無)。
16回転を超えて滞在すれば潜確確定。

従って、実質的には潜伏を見逃すことはないものと思われます。


『セグ情報』
・セグの番号
ランプ群中央部の45度程度傾いた、2×4個の8個のランプの上側がヘソ対応、下側が電チュー対応です。
左上から右下に順に@〜Gの番号をつけます。
D@
 EA
  FB
   GC











中古トラック