大当たり、連チャンが読めるようになりました。 銀遊会Mさん

先日、蒲生さんが公開した実践記「1パチ 海物語寿 1万発を狙う」を拝見して以来、劇的に勝率が上がりました。

おおよそですが、せいぜい勝率が3〜4割だった以前に比べ、現在では、7割以上になりました。
しかも現在ほぼミドルのみです。

理由は、曖昧だったデータ読みが根拠を持ってしっかり出来るようになったことに尽きます。

あとは、自力でどこで初当りするか読めてきたこともあります。
この台は嵌るだろうという事も読めてきました。

例えば、先日の実践のデータです。
機種は○○○(ミドル)です。
昨日5回・一昨日0回の台がありました。
当日2回(ワンセット)・現在○○○回転前です。

これだけでは、あまり波が良いと思いませんし、今までは打たない台でした。

私が注目したのは、数回前の履歴です。
昨日(3回前)○○○回転以内に単発
昨日(2回前)○○○回転程度で4連
当日(1回前)○○○回転程度で2連の台でした。

この台で○○○回転で初当りし、11連することが出来ました。
出玉15000オーバーでした。

この台を選んだ主な理由は、○○○○○○ことです。

初当りに関しては、○○○が○○○の場合、高確率で○○○に初当りが来ることも突き止めました。

もちろん、ホルコンや連荘数も考慮して選んでいます。
こういった読みが的中することで、例え投資額が多少増えても全く当たらない事も減り、
勝率も自然と上がってきました。

要は、○○○○、○○○ですね。
今までなぜ嵌るんだろう、連チャンしないんだろうという理由も、今ではしっかり理解できます。

理由があるからこそ、嵌りや連荘があるということなんですね。
やっと蒲生さんが以前おっしゃってた意味が分かりました。
改めてありがとうございました。