蒲生ファミリーK姉さん、ルパン三世勝利報告!

蒲生様
ルパン三世の勝利報告です。

月末なので期待薄の気持ちでホールに出かけました。
ちょっと足を延ばして電車で30分のホールに行きました。

データは調べています。
選んだ台は、ルパン三世。
この台は18日前から不調が続いている台で、途中1日だけ客が勝っています。
その後、また9日間不調が続いている最低最悪の台です。
以前に、同様の台が大爆発していることがあり、この台も似たような動きを
するかもしれないと考えました。

そこで、朝一から狙ってみました。
当然、朝一人気はガロの新台です。
あっという間に満席になりました。
それに比べてルパン三世は・・・40台中3人だけです。
目指す台を楽々ゲットできたので、100回転を目標に打ち始めました。
大連チャンする台は100回転以内に当たることが多いように思います。
ボーダーは20で割と良いですが、演出がいまいちで、諦めかけて、
目標の100回転を目の前にした97回転目に通常保留がやけに賑やかになり、
何とそのまま大当り! 



通常保留からの大当りは初めてでした。

結果は、
1回目 初当り 97回転 28連チャン
2回目 初当り 154回転 単発
3回目 初当り 207回転 10連チャン
4回目 初当り 184回転 7連チャン

合計46回大当りです。

この台は継続する理由がありましたが、この後は少しハマりそうです。
一度ハマった後にまた連チャンが期待できるのですが、
どこまでハマるかがちょっと分からなくなりましたので、
200回転を確認して終了しました。

支出:5,000円  
出玉:44,956発  
換金:179,500円



実は、80回は大当りするだろうと予想していましたので、
継続打ちをしたかったのです。
ところが、
そのような自分のデータ分析の予想を信じ切れずに
打ち止めてしまいました。

この台の最終結果は、なんと92回大当りの大爆発台になっていました。
予想を10回以上も上回っていました。
私が打ち止めた後に、460回転くらいまで一度ハマり、
その後にもう一度290回転ほどハマり、
その後、30連チャンの爆発をしていました。
大漁を逃してしまった悔しさでなかなか眠れませんでした(^_^;)

今回の反省すべき点は、自分の考えを信じることができなかったことです。
要するに自信がなかったのです。
自分自身に自信があるとグッと我慢ができるのですが、
「自分の考えは間違っているかも」という不安に襲われてしまい、
動いてしまったのです。

プロ将棋士の羽生善治曰く、
「途中でダメかなと思ってやり方を変えると、実はいいところまで進んでいたのに、
そこで方向が違ってしまって、最初に考えていたところとは別の場所に辿りついてし
まうことがよくある。
大切なのは、どれだけ不安な時間に耐えることができるかどうかです」

この言葉を肝に銘じて、更に精進したいと思いました。



中古トラック