ホルコン理論で、沖縄3を攻略!  銀遊会「S」さん(大分)

蒲生プロ、久々にメールします。

昨日、マイホで沖縄3を打ちました。
日曜日の夕方でしたが、44台中空き台は1台もない状態でした。
ぶらぶらしていると、止める人がいて、その台をゲット!

夕方(16時過ぎ)の時点で13回大当り、確率が1/150くらい、現在スタート360回転の台。

○○○が大当り中で、とりあえず打ってみましたが、可もなく不可もなくで
○○○な感じの台でした。

1回前の大当りが167回転で単発。
2回前の大当りは790回転で2連。

決して良い台ではないのですが、朝から2回目の初当りは浅い回転数で7連チャン。
○○○○○・・・・○○○

今が360回転なので、回りの当り具合と液晶の動きを見ながら、
回すとして○○回転と決めて、いざ勝負。

途中、3〜4回休憩をいれつつ打っていると、441回転で青いイルカ登場!
でも、5人娘は出てスーパーにはなったけど、泡で当らず。

あと30回転回して当たらなければ止め!と決めて打っていると、458回転で
レッツマンボウになり、ハイビスカスが短く光り、6で大当り。

その後、時短の8回転目で再びレッツマンボウになるもまたもや6の偶数当り。

時短の後半(80回転〜100回転の間)にスーパーリーチが3回くるも当らず。

108回転で即止めしました。

すると、すぐ隣の人が私の台をゲット!
確かに、時短後半のスーパーリーチを見ていると打ちたくなる感じでした。

それでも、私が即止めした理由は4つあります。(蒲生プロの真似っこ表現(*^_^*))

1、○○○○では良い波とは言えない。
  もともと○○○○で、○○○かった。

2、○○の○○○は○○○なかった。
  これから調子の良くなる台なら、○○○○○○はずである。

3、時短後半○○が○○、○○は、厳しいと判断。

4、日曜日の18時過ぎで、お客さんも減りつつあるし、全体的に回収モードの雰囲気。

以上の理由から即止めしました。

今日、データを見ると私のあと442回転まで当らず、閉店になっていました。

もし、この台が5〜6連チャンしていたら、蒲生プロの言う通り

『時短中の動きから、平常時のプレイを考えるのは、別にしましょう。
昔は、それもあったのですが、現在は違っていますね。
時短後の液晶の動きを見ながら、判断していきましょう』

ということで、200回転までは打っていたかもしれません。

昨日は私の台だけでなく周りの状況も時間の経過とともに悪くなっていました。
投資6000円で11800円の換金、5800円のプラスでした。
お客も少なくなったホールに長居は無用だし、勝っているうちに帰る癖をつけようと
即止めしました。

もし、どなたかの参考になれば嬉しいです。





※ 非常に参考になる報告ですので、皆さん参考にしましょう!
  ○○の中につきましては、銀遊会メンバー様専用ページにてご紹介します。
  銀遊会メンバーは、下記「記事全文」をクリックし、ログインして下さい。


[記事全文]