• 七翔トップ >
  • 勝利報告 >
  • ペンタゴン攻略2・・・ホルコン理論で、沖海3:2万発!! 銀遊会「M」さん:大阪

ペンタゴン攻略2・・・ホルコン理論で、沖海3:2万発!! 銀遊会「M」さん:大阪

蒲生様
こんにちは。

昨日はご親切にご連絡をありがとうございました。
久しぶりに勝利報告ができます。

昨夜データを取っていたら、沖海3はう〜ん…って言う感じ。
他の機種も見てみると、北斗の拳で良さそうな台を発見。
早い当たりが期待されたのですが、到着した11時半頃には男性が既に座っていて私の目の前で「壱」が揃った所でした。

そこでホール内をウロウロし、『ホルコン狙い」で座った沖海3の台がハイビスカスフラッシュから9連・その内6回がハイビスカスフラッシュです・嬉し〜!!
先に当たっていた、○○○隣のおじさんの連チャンが終わってしまい、私もしばらく時間がたって終了。
その後、同じ台に座った人が320回転位で当てたので、私にも叉波が来るかも…と思っていたら、289回転目でシーサーリーチから6連。
その後105回転で引き戻すものの2連チャンしかせず、200回程回して終了しました。
時短中に「これでもか」と言うほどリーチを連続して外したので、時短後すぐ止めるべきだったのでしょうか。
「○○○○のときは、○○○がアツい」と言うのを思い出して、ここまで打ってしまいました。
後で見たら次の当たりは600回転を越えていました。

と言う事は私の判断は間違っていたのですね…もっと早くやめるべきだったのに、自分に都合の良い解釈をしてしまいました。
いつも、追うのか止めるのかで大変悩んでしまいます。
まだまだダメですね。

そんな私の左隣の女性は488回転で初当たりを引くまでお金をつぎ込み、連チャンもしないしリーチになっても当らないものですから、ボタンを叩きまくっていました。
どうせなら、私とおじさんの間に座ればいいのに…と蒲生さんに教えてもらった『ホルコン理論』が頭をよぎっていました。

2000円投資、20483玉を貯玉しました。



もちろん何度も台休めをして、様子を見たのが大きかったのだと思います。
久々に勝利報告ができて嬉しいです。
蒲生さんの優しさに報いる事ができた様な気がします。
ありがとうございます。


『蒲生コメント』
しばらく連絡がなかったので、心配してました。
忙しかったようですね、ご苦労様です。

さて、パチンコの内容ですが、「止め時」について。

今回のプレイ内容を分析しますと、初当たりの回転数が分かりませんが、9連。 次が289回転で6連。 時短後直ぐにワンセット。
これであれば、完全に上り調子ですよね。
200回転まで打ったのは、間違いではありません。
私なら、300まで打ったかも知れません。
結果が、600回転まで回っていただけです。
調子のよい台は、攻めるときは攻めるクセを付けておかないといけませんからね。
今回のプレイは、反省するところはありませんよー。

後、演出について。

時短中の動きから、平常時のプレイを考えるのは、別にしましょう。
昔は、それもあったのですが、現在は違っていますね。
時短後の液晶の動きを見ながら、判断していきましょう!