P 銭形平次 2

P 銭形平次 2


導入日: 2019/09/02
メーカー: 高尾

タイプ:ライトミドル一種二種混合
大当たり確率:1/219.1→1/6.7
賞球数:4&1&4&12/10C
├ヘソ:4個
├電チュー:1個
├その他左:5個
├その他右:3個
└大入賞口:15個/10C
確変:100%
時短:1or6回
特図1 ヘソ
├10R確変(時短6回+保留4):4%
└3R確変(時短1回+保留4):96%
特図2 二種抽選
├10R確変(時短6回+保留4):50%
└3R確変(時短6回+保留4):50%

出 玉
約 360 個 or 約 1200 個 ※メーカー発表値
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■機種情報

時代劇の金字塔ともいうべき「銭形平次」の世界観を再現した1種2種混合機。
通常時は大当たりの96%が時短1回(+保留4個)だが、電サポ時は大当たりになれば必ず時短6回(+保留4個)となる。
5回の時短で引き戻す確率は約55.4%、10回の時短で引き戻す確率は約80.1%。
2017年に『ぱちんこCR銭形平次withでんぱ組.inc』が発表されている。

トータル継続率が約81.0%と高いこと、盤面を覆いつくして大回転する超巨銭役物の存在感、前作からさらにパワーアップした液晶演出などが特徴。

大当たりになれば必ず出玉がある。

液晶画面上部の銭形ロゴ落下から最終的に大回転する超巨銭役物を搭載。

大当たり中、電サポ中は右打ちする。

盤面右側上部に羽根タイプアタッカー、その下にアタッカーを配置。電チューは盤面最下部中央にあって、道が開通することで開放する仕組み。

前作と比較すると、登場キャラの追加、リーチ中の技の増加など、演出がパワーアップしている。

3大激アツ演出は、平次激昂ゾーン、群予告、鬼面組御用リーチ。

■重要演出
・超銭形ボーナス

通常時の大当たりは三、七図柄の3つ揃いによる「超銭形ボーナス」、三、七図柄以外の3つ揃いによる「銭形ボーナス」、忍子捕獲大当たりの「捕物BONUS」の3種類。右打ちする(以下、電サポ中も右打ち)。
「超銭形ボーナス」ならラウンド終了後、時短6回(+保留4個)の「鬼斬りRUSH」に突入する。「銭形ボーナス」or「捕物BONUS」ではラウンド終了後、時短1回(+保留4個)の「鬼斬りチャレンジ」へ。
右打ち中の大当たりは「超銭形ボーナス」と「銭形ボーナス」の2つ。

・鬼斬りチャレンジ

通常時大当たりの96%を占める3R大当たり後に移行するモードで、時短が1回(+保留4個)働く。この5回転で大当たりになれば最上位モードの「鬼斬りRUSH」に突入する。時短5回の引き戻し確率は約55.4%。

・鬼斬りRUSH

本機の最上位モード。時短が6回(+保留4個)働く。時短10回の引き戻し確率は約80.1%。

・大勝負ゾーン

「鬼斬りチャレンジ」では1回、「鬼斬りRUSH」なら6回の時短がそれぞれ働くが、その後、最大4回転分の残保留時の演出が「大勝負ゾーン」となる。

■予告演出
・てぇへんだゾーン

先読みや八五郎ミッションなどから突入する。

・平次激昂ゾーン

大チャンスのゾーン。真ん中に7図柄が停止すると突入する。

・群予告

様々なタイミングで突入する激アツ予告だ。

■スーパーリーチ演出(▲は★半分の意味)
・技SPリーチ[★☆☆☆☆〜★★★★★]

リーチ中に4字熟語がカットインすれば信頼度がアップする。前作では3段階だったが、今作は闘竹[★☆☆☆☆]、縄[★▲☆☆☆]、刀[★★☆☆☆]、十手[★★▲☆☆]、反撃[★★★☆☆]、銭[★★★▲☆]、全回転[★★★★★]の7段階。

・鬼面組御用リーチ[★★★▲☆〜★★★★▲]

本機最強リーチ。悪代官を捕まえれば大当たりだ。タイマー発動でリーチが長いほど信頼度がアップする。