CR フィーバー マクロスフロンティア 3 Light Middle ver.

CR フィーバー マクロスフロンティア 3 Light Middle ver.


導入日: 2019/06/03
メーカー: SANKYO

タイプ:ライトミドルV確ループ
大当たり確率:1/199.8→1/102.1
賞球数:4&1&5&7&13&15/10C
├ヘソ:4個
├電チュー:1個
├その他:4個
└大入賞口:13個
確変:5%→65%
時短:100回
ヘソ 特図1&2合算
├16R確変:3.6%
├MTC(実13R)確変:0.5%
├2R確変:4.5%
└2R通常(時短100回):91.4%
電チュー 特図2
├16R確変:45% 2080個
├MTC(実13R)確変:8%
├2R確変:12%
└2R通常(時短100回):35%

出 玉
約 260 個 or 約 1740 個 or 約 2080 個 ※メーカー発表値
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■機種情報

2011年、15年にも発表されている『CRフィーバーマクロスフロンティア』第3弾。
ライトミドルタイプのV確変ループ機で、通常大当たり後は100回の時短が付く。時短引き戻し率は約39.5%。

大当たりの45%が2080個の払い出し出玉(電チュー入賞時)、確変時の100回転以降に周期的に光速マクロスピードモードへ移行して変動効率がアップすること、Wヒロイン演出と貯めるゲーム性などが特徴。

潜確や小当たりは搭載していない。大当たりになれば必ず出玉がある。

液晶画面左右から出現して合体するバルキリー、上部から降下するロゴなどの各ギミックを搭載。

ヘソ入賞口下部には玉を左右に振り分ける装置があり、ほとんどは右に流れて特図1変動となるが、左に流れたら15個賞球でその左にあるチューリップ(特図2。4個賞球)が開放する(2カウント)。

大当たり中、電サポ中は右打ちする。

盤面右下にスライドタイプのアタッカーを配置。その右上にあるミニアタッカーは電チュー。

電サポ中はバトルorライブの各モードを打ち手が選択することができる。

特図2大当たりの8%にミュージックタイムチャージという名の確変大当たりがあり、約1740個程度の出玉を獲得できる。

3大激アツ演出は、歌姫来舞、歌姫ロード、トリプルラインリーチ(バトルリーチ)。

■重要演出
・ドデカルチャーFEVER

大当たりは全3種類。図柄の3つ揃いによる大当たり後、ロゴが落下すればドデカルチャーFEVERとなって16R分の出玉を獲得できる。FEVERなら2R確変or時短となる。
「ミュージックタイムチャージ」という特殊図柄が停止したらミュージックタイムチャージとなり、歌が続く限り大当たりが続く爽快感を味わうことができる。
16R確変で約1740個の出玉を獲得できる。右打ちする(以下、電サポ中も右打ち)。

・ライブモード

大当たり終了後のモードは2つあるが、そのうちの一つがライブモード。100回転までは確変or時短、101回転以降も電サポが働けば確変確定。
楽曲は全16曲あり、打ち手が選ぶことができる。演出はパチスロを模したもので、チェリー揃いや青7テンパイなどがある。

・バトルモード

大当たり終了後のモードは2つあるが、そのうちの一つがバトルモード。100回転までは確変or時短、101回転以降も電サポが働けば確変確定。
バトルモードは、変形するほどチャンスとなるバリアブルバトル、敵の種類で期待度が変化するフォーメーション&リベンジの各バトルがある。

■予告演出
・シェリルタイム

続くほどチャンス。シェリルが演出をパワーアップする。「ゴ〜〜ジャス」は大チャンス。

・歌姫ヒストリア予告

恋発展パターンと歌発展パターンがある。

・カットイン予告

三島カットインより歌姫カットインのほうが期待できる。

・歌姫来舞予告

SP発展時のド派手な演出。巨大バルキリー役物が合体する。60%の信頼度を誇る。

■スーパーリーチ演出
・ヒロインリーチ

シェリルバージョンとランカバージョンの2つ。タイトルが赤いかカットインの入力装置が通常と異なると期待できる。

・SPバトルリーチ

発展パターンは複数あり、タイトルの色、距離メーター、そしてライン数によって信頼度が大きく変化する。ミシェル&クランやルカ&オズマなどのパターンがあり、3ラインなら信頼度は50%近い。

・歌姫ロード

激アツ! リーチラインは7or9or11。もちろん、多くなるほど信頼度がアップする。