CR ブラックラグーン 3

CR ブラックラグーン 3


導入日: 2018/12/03
メーカー: サミー
製品ページ: https://www.sammy.co.jp/japanese/product/pachinko/2018/cr_blacklagoon3/

タイプ:ミドル確変ループ
大当り確率:1/299.3→1/89.9
賞球数:4&1&2&5&12/10C
├ヘソ:4個
├電チュー:1個
├その他:5個
└大入賞口:12個
確変:65%
時短:0回or100回
ヘソ 特図1
├12R確変:20%
├6R確変:45%
└6R通常(時短無):35%
電チュー 特図1
├16R確変:40
├12R確変:9.6%
├6R確変:15.4%
└2R通常(時短100回):35% 90個

出 玉
約 90 個 or 約 720 個 or 約 1440 個 or 約 1920 個
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■機種情報

2002年に連載が開始されたアクションマンガでアニメ化もされた「ブラック・ラグーン」がモチーフのミドルタイプの確変ループ機。電サポ入賞からの通常大当たり後に100回の時短が付く。時短引き戻し率は約28.4%。
『CRブラックラグーン』は2011年と14年にも発表されているので、これが第3弾となる。

2つのアタッカーが交互に開放して無駄玉が発生しないゼロアタッカーの圧倒的な爽快感、変動中やリーチ中などブチギレるほどチャンスが拡大する演出、対戦や参戦するキャラによって報酬が変動するバウンティバトルなどが特徴。

潜確や小当たりは搭載していない。連チャン終了時は2R通常。大当たりになれば必ず出玉がある。

液晶上部から降下するBLACK LAGOONロゴ、左上部と横から出現するドクロ、ロゴ裏と右側から飛び出すピストル、下部から上昇するライターの各役物を搭載。

大当たり中、電サポ中は右打ちする。

盤面右下に上下に並んだ2つのアタッカーを配置。交互に開放し、ラウンド間のロスもないため、無駄玉はほとんど生じない。

電サポ中のメイン演出はバトルとなる。

4大激アツ演出は、ブラッドバスゾーン、ブラッドパーティ、キリン柄、エピソードリーチ。

■重要演出
・ロックズミッションボーナス

通常時の大当たりは「セブンスーパーボーナス」、「ロワイヤルチャンスボーナス」、「ロックズミッションボーナス」とあり、前者2つはラウンド終了後に次回までの確変となる「バウンティロワイヤル」に突入する。
「ロックズミッションボーナス」の場合はラウンド中のミッション演出に成功すれば「バウンティロワイヤル」へ、失敗の場合は「ガールズモード」に移行する。右打ち(以下、電サポ中も右打ち)。

・バウンティロワイヤル

確変中のモード。ロワイヤル演出(バースト、サーチ、一撃必殺、ブレイク、ノックダウン、プラチナの各ロワイヤルがある)がバトルの相手を決定する。強敵ほどデカい報酬で、仲間が参戦すると期待度がアップする。

・リベンジロワイヤル
「バウンティロワイヤル」で敗北すると移行する時短100回のモード。終了後は「ガールズモード」へ。

■予告演出
・バイオレンスゾーン

突入すれば期待できる先読みのゾーン。

・ブラッドバスゾーン

これも先読みのゾーンで、突入することで期待度がアップする。

・次回予告

発展する演出を示唆するアツい予告だ。

・ブチギレ演出

変動開始時、変動中、リーチ後など、様々なタイミングで発生する可能性があるブチギレ演出は、ブチギレるほどチャンスが拡大する。

■スーパーリーチ演出
・レヴィリーチ

「VSイブラハ軍」や「VS E.O.社傭兵部隊」などがある。クライマックスリーチへの発展も。

・クライマックスリーチ

♯1の「人斬り銀次」、♯2の「最恐メイド ロベルタ」、♯3の「フローレンシアの猟犬 ロベルタ」がある。

・エピソードリーチ

「ミスター・張」、「レヴィ」、「バラライカ」があり、大いに期待できる。