CRひぐらしのなく頃に〜叫〜

CRひぐらしのなく頃に〜叫〜


導入日: 2017/06/19
メーカー: Daiichi

タイプ:ミドルV-ST機
大当たり確率:1/1/319.7→1/124.3
賞球数:4&1&3&15/10C
├ヘソ:4個
├電チュー:1個
├その他:3個
└大入賞口:15個
確変:52%→(ST130回転)
電サポ:100回転or130回転
ヘソ 特図1
├16R確変(電サポ130回転):1%
├10R確変(電サポ130回転):51%
└10R通常(時短100回転):48%
電チュー 特図2
├16R確変(電サポ130回転):88%
└8R確変(電サポ130回転):12%

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■機種情報

2002年に頒布された同人ゲームを源とし、その後、コミック連載、アニメ、映画など様々な分野に拡がっていった「ひぐらしのなく頃に」をモチーフにしたミドルタイプのV確変ST機。
通常時は大当たりの52%、電サポ時は100%で130回のSTに突入する。
ST継続率は約65.0%。通常大当たり後には 100回の時短が付く。引き戻し率は約26.9%。
13年に『CRひぐらしのなく頃に頂』が発表されている。

払い出し出玉2400個比率が88%(電チュー入賞時)というスペック、狂気と恐怖に特化した液晶演出、あらゆるタイミングで出現する可能性があるL5発症演出などが特徴。

潜確や小当たりは搭載していない。大当たりになれば必ず出玉がある。

液晶左右から出現する鉈役物を搭載している。液晶手前には導光板がある。

大当たり時、電サポ時は右打ちする。

盤面右下に引っ込むことで開放するスライドタイプのアタッカーを配置。

初代『CRひぐらしのなく頃に頂』にも搭載されていた運命分岐ゲートはこの機種にも受け継がれている。ST中の図柄揃い後に玉を通すことでラウンドが告知される。

■重要演出

・オヤシロチャンス

通常時に大当たりになるとラウンド中はオヤシロチャンスとなり、羽入覚醒でお持ち帰りチャンスGETとなる。ラウンド終了後はST130回の刻明しモード(+身隠しモード)に突入する。失敗した場合は時短100回の身隠しモードへ移行する。右打ちする(以下、大当たり中、電サポ中は右打ち)。

・刻明しモード

通常時のラウンド中演出でオヤシロチャンスに成功するか、電サポ中に大当たりになると突入するのがST130回の刻明し(ときあかし)モード(30回転)+身隠しモード(100回転)だ。刻明しモードではボタン演出や鷹野演出が出現することがある。身隠しモードではレナから逃げ切ったり息を潜めて隠れたり自分の痕跡を消したりする。

・身隠しモード

ST130回転の後半100回転、もしくは時短100回転中のモード。前者は確変、後者は時短だ。

・確変&ラウンド昇格
大当たり直後、ラウンド中に昇格するチャンスがある。

■予告演出

・綿流し祭りゾーン

保留の先読みのゾーンで、突入すればチャンス。

・運命の日モード

これも先読みのモード。モード中専用で発生するステップアップ予告などもある。

・月の満ち欠け予告

月が満ちながら画面中央に移動してきて……。

・L5発症演出

雛見沢症候群と呼ばれる原作の風土病をモチーフにした演出で、発症レベルが高くなればなるほど期待度もアップする。最高レベルのL5で激アツ!

■スーパーリーチ演出(▲は★の半分の意味)

・運命分岐リーチ[★★☆☆☆〜★★★▲☆]

疑心系(「鬼隠し編 疑心」、「祟殺し編 キズナ」、「暇潰し編 ヒナミザワ」、「厄醒し編 無力」)と、発症系(「目明し編 断罪」、「綿流し編 嘘」、「目明し編 鬼の血脈」)がある。圭一出現で大当たり濃厚!?

・ストーリーリーチ[★★★★☆]

運命選択チャンスやリーチハズレ後などから突入するアツいリーチだ。

・スペシャルリーチ[★★★★▲]

原作の名シーンを再現した本機最強リーチ。大当たりを願いながらボタンを押せ!