ぱちんこCRバジリスク 399type   ※基本情報

ぱちんこCRバジリスク 399type


導入日:2014年2月17日

『スペック 399type』
タイプ:マックスロングST
大当たり確率:1/399.6→1/67.1
賞球数:3&10&15
ラウンド数:6or12or16R/9C
確変:100%(ST100回転)

「振分け」
・ヘソ
12R確変(電サポ100回転):20%
6R確変(実4R、電サポ100回転):31%
6R確変(実4R、初回電サポ10回転):47%
6R確変(実4R、初回電サポ無):2%
・電チュー
16R確変(電サポ100回転):60%
6R確変(電サポ100回転):40%
電サポ:0or10or100回転

『ST分析』
STでの引き戻し確率:77.7%
ヘソ引き戻し確率:39.6%
トータル引き戻し確率:77.72%

『ラウンド数出玉』
16R(41.5%)2,016個
12R(6.2%)1,512個
6R(27.7%)756個
4R(24.6%)504個
一回の当たりの平均出玉:約1,000個
一回の連チャンでの総差玉:約4,500個

「ボーダーライン」
等価交換 :21.9回/千円
3.5円交換:22.5回/千円
3.0円交換:24.2回/千円
2.5円交換:26.1回/千円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ゲームフロー』

潜確当たりや小当たりは搭載していないが、潜確状態になることがある。ヒメムラサキモード突入時は潜確状態となる。大当たり中、電サポ中は右打ち。ST100回転は忍法帖モードとなり、豊富な先読み予告と数多くのリーチがある。ラスト12回転は専用変動の決着の刻となる。


『五大演出』

5大激アツ演出は、障子先読み予告、集合背景予告&甲賀組カットイン予告、トラ柄演出、バジリスクアイ&候え役物合体、最終血戦リーチ。


■重要演出

・忍法帖モード
 
三・七図柄で大当たりするか、それ以外の図柄で大当たりになってチャレンジに成功した場合に突入するST100回中のモード。電サポが100回転働く。右打ち。

・人別帖チャレンジ

三・七以外の図柄で大当たりになってチャレンジに失敗すると突入するモードで、右打ちする。電サポが働くのは10回転のみ。11回転目に忍法帖モードに昇格することがある。

・ヒメムラサキモード
 
人別帖チャレンジ10回転後に突入するモードで、電サポは働かない。STは100回なので、90回転にわたって潜確状態になる。
破幻の瞳ボーナス失敗後に突入することもあり、その場合は100回転にわたって潜確状態になる。モード中に大当たりになったら必ず忍法帖モードに移行する。

・破幻の瞳ボーナス

通常時大当たりの10%を占める大当たりで、実質4R分の出玉を獲得できる。大当たり後、80%は電サポが100回働く(ラウンド中演出で、朧が開眼)が、20%は電サポなし(ラウンド中演出で、朧が開眼できず)となる。



■スーパーリーチ演出
・忍術合戦リーチ[★☆☆☆☆〜★★☆☆☆]
 
ノーマルリーチから発展。対戦キャラはルーレットによって決まる。

・ストーリーリーチ[★★★☆☆]

朧視点なら信頼度がアップする。回想が流れれば大チャンス。

・瞳術リーチ・破幻の瞳リーチ[★★★☆☆]

大当たり図柄の数に注目。

・血戦リーチ[★★☆☆☆〜★★★☆☆]

アニメ同様の相手と血戦だ! 組み合わせは全4パターン。

・最終血戦リーチ[★★★★☆]
 
本機最強の激アツリーチ。宿敵・天膳と最終血戦。

・全回転リーチ[★★★★★]
 
疑似4連続から発展する大当たり確定リーチ。






中古トラック