CRゲゲゲの鬼太郎 墓場からの招待状FPS      ※基本情報

CRゲゲゲの鬼太郎 墓場からの招待状FPS


導入日:2014年1月20日

『スペック FPLZ』
大当たり確率:1/278.9→1/60
賞球数:3&10&15
ラウンド数:4or9or11or16R/9C
確変:50%→100%(ST90回転)
振分け
ヘソ
16R確変(サポ90回):5%
11R確変(実9R、サポ90回):16%
9R確変(サポ90回):29%
11R通常(実8R、サポ70回)16.5%
9R通常(実8R、サポ70回):33.5%
電チュー
16R確変(サポ90回):50%
4R確変(サポ90回):50%

『ST分析』
STでの引き戻し確率:77.9%
通常時の時短引き戻し確率:6.8%
平均連チャン回数=3.28回

『ラウンド数(割合)出玉』
16R(36.3%)1,875個
9R(13.7%)1,055個
8R(15.3%)937個
4R(34.7%)469個
一回の連チャン出玉:約3,300個
一回の当たりの平均出玉:約1,050個

『ボーダーライン』
等価交換 :19.12回/千円
3.5円交換:20.1回/千円
3.0円交換:21.2回/千円
2.5円交換:22.3回/千円


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・ゲームフロー

初当たりが「超大当たり」の場合は必ず、通常の大当たりだった場合はラウンド中の「Vラウンド獲得チャレンジ」に成功することでSTを獲得。Vラウンド獲得チャレンジは「一撃」「スロット」「連打」のいずれかで、チャレンジ成功時には続けてST中のモード選択を行うことになる。
STモードは「墓場鬼太郎モード」と「ゲゲゲの鬼太郎モード」の2つで、前者が鬼太郎が悪人を墓場送りにすることができれば大当たりとなるホラーテイスト溢れるモード。後者は妖怪とのバトル発展で大当たりのチャンス到来。
なお、チャレンジ失敗時には時短の「妖怪王リベンジモード」へと移行するが、ここでの引き戻し成功=ST突入確定となる。


■予告演出

・墓場ZONE

墓場ZONEに突入した場合、点灯している保留で墓場鬼太郎誕生リーチがかかる可能性がある。

・ゲゲゲシャッター予告

図柄が「ゲゲゲ」と3つ揃えば疑似連続予告突入。最高で4連続する。

・下駄予告

「カランコロン」の下駄の音がどんどん派手になっていく。

・カードシャッフル予告

シャッフルされたカードから何が出てくるのか。「激アツ」は文字通り激アツ。

・アイキャッチ予告

鬼太郎の背景の色に注目しよう。


■重要演出

・ゲゲゲの鬼太郎モード
 
3or7図柄で大当たりするか、Vラウンド獲得チャレンジに成功すると突入する90回転のST中のモードは、ゲゲゲの鬼太郎と墓場鬼太郎の2つ。
打ち手がどちらかをボタンで選択できる。右打ちを継続する。
ゲゲゲの鬼太郎モードの前半30回転目までは疾走モードとなり、イルミ前兆、ライン増加前兆、カウントダウンといった専用予告がある。
後半60回転はバトルモードで、鬼太郎と妖怪とのバトルが展開される。妖怪は全部で6体。攻撃の種類、お助けキャラで勝率が変化する。

・墓場鬼太郎モード
 
3or7図柄で大当たりするか、Vラウンド獲得チャレンジ成功で突入する90回転のST中のモード。ゲゲゲの鬼太郎と墓場鬼太郎の2つのモードから打ち手が選べる。
墓場鬼太郎モードの前半30回転までは接近モードとなり、鬼太郎前兆、ひたひた、接近といった専用予告がある。
後半60回転は地獄送りモードで、鬼太郎が悪人どもを地獄送りにする。ターゲットは実写の6人で分岐時のアイテムや書き込みなどで期待度が変化。

・妖怪王リベンジモード
 
通常時にVラウンド獲得チャレンジに失敗すると突入する。30回or90回の時短で右打ちする。VS発展予告や崖突破演出などの専用演出がある。




中古トラック