CR戦国乙女3   ※基本情報

CR戦国乙女3


平和/2013年5月導入開始

『大当たり絵柄』


『スペック H9AY』
大当たり確率:1/399.6→1/68.4
賞球数:3&2&10&14
ラウンド数:4or16R/9C
確変:100%(ST100回転)
振り分け
ヘソ
16R確変(サポ100回):20%
4R確変(サポ100回):67%
4R確変(サポ22回):13%
電チュー
16R確変(サポ100回):77%
4R確変(サポ100回):23%
時短:22or100回

『ゲームフロー』



『モード紹介』

・通常モード

基本となるモードで、背景は「城」や「雪寺」、「封印の塔」など複数の種類が存在する。なお、潜伏確変等の可能性はナシ。

・シンプルモード

待機中のボタンプッシュで表示されるメニューから選択可能なモード。滞在中は、初代の演出が展開される。

・ときめきモード

通常時に移行するモードで、専用演出が展開される。なお、「超ときめきモード」や「萌えゾーン」に移行すると保留先読みに期待できる。

・乙女乱舞モード
 
STモードの1つで、電サポが100回転継続する。前半50回転と後半50回転で展開が変化し、前半は乙女武将2人で行動、後半は1人行動となるが、前半は協力リーチで勝利すると16ラウンド濃厚、後半はリーチ出現率がアップするという特徴がある。また、モード限定の「乱舞リーチ」や「カシン撃退演出」、「以心伝心ZONE」といった演出にも注目で、特に以心伝心ZONEや協力リーチは大当たりの大チャンスだ。

・新乙女アタック
 
前作などの甘デジタイプにおけるST演出を継承したモードで、22回転継続する。滞在中は乙女武将とカシン軍のキャラが1対1で対決し、見事勝利すれば大当たり+乙女乱舞モード突入だ。また、相手によって勝利期待度が異なり、カシン軍の紫苑が登場すればチャンス。他にも、カットインやボタン演出などのチャンスアップが用意されており、カットインは全画面に入る強パターン、ボタン演出は連打なら信頼度アップとなる。

・卑弥呼チャンス

新乙女アタック終了後に残った電チュー保留を消化する専用演出。電サポはないが確変状態となっており、大当たりすれば乙女乱舞モードに突入する。ちなみに、通常時に電チュー入賞した場合も突入するが、この時は確変の可能性はない。

・リベンジモード

新乙女アタック後の卑弥呼チャンス終了時に移行する潜伏確変のモードで、大当たり後の合計100回転までは確変状態となっている。液晶右上のアイコンが変化する「邪眼予告」や、キャラが登場しセリフを言う「啖呵予告」などの専用アクションが存在する。

・オウガイ無双モード

オウガイボーナス経由で突入するST100回転で、オウガイに関する演出が展開される。ちなみに、オウガイ系リーチの場合は大当たりでモード継続、VSオウガイリーチ発展時はオウガイを撃破すれば大当たり後に乙女乱舞モードへ突入する。