CRフィーバー機動戦士ガンダム    ※基本情報とセグについて

CRフィーバー機動戦士ガンダム


SANKYO/2013年4月導入開始

『大当たり絵柄』


『スペック』
大当たり確率:1/399.6→1/101.6
賞球数:3&10&15
ラウンド数:16R/8C(Vアタッカー)or9C
確変:50.5%→100%(ST150回転)
振り分け
ヘソ
16R通常(実12R/時短100回転):49.5%
16R確変(ST150回転):50.5%
電チュー
16R確変(ST150回転):100%

『確率計算結果』
ST分析
STでの引き戻し確率:77.32%
ヘソ通常時の引き戻し確率:22.16%
トータル出玉有引き戻し確率:68.80%

『ボーダーライン』
等価交換 :17.4回/千円
3.5円交換:18.9回/千円
3.0円交換:20.8回/千円
2.5円交換:23.0回/千円


『判別情報』
初回当たりで12R目にV入賞しなければ時短100回の通常確定。
初回当たりのV入賞および電サポ中の当たりは全てst150回の16R当たり。
従って判定は不要です。
但し、セグで事前に通常か確変かは判別できます。

『セグ情報』
セグの番号
盤面右下の目立たない場所にランプ群があります。
上段の左8個がヘソ対応、それに続く8個が電チュー対応です。
左〜右に@ABCDEFGとしておきます。



セグの個数
0.5%単位の振り分けがありますので、セグは200個。
ヘソ通常は99個、ヘソ確変は101個と思われます。


・・・・・・・・・・・・

『モード&大当たり紹介』

・通常モード

基本ステージは、「シアトル」→「中央アジア」→「オデッサ」→「ベルファスト」→「ソロモン」→「サイド6」…の順に移行。移行法則が崩れると大当たり濃厚となる。

・G-RUSH

Vチャンス獲得で突入する150回転のSTモード。ループ率は約77%で、G-RUSH中の大当たりは全て16ラウンド&G-RUSH継続濃厚だ。

・G-CHALLENGE

初当たり(7絵柄以外)のラウンド中に発生するジオングバトルに敗北すると突入する100回転の時短モード。引き戻し率は約22%となっており、引き戻せればG-RUSH突入濃厚!

・BONUS

7絵柄以外の初当たりと確変中のヘソ入賞時大当たり。ラウンド中に発生するジオングバトルに勝てばG-RUSHに、負けるとG-CHALLENGEに突入する。

・V-FEVER

7絵柄の初当たりと確変中の電チュー入賞時大当たり。ラウンド中に必ずVチャレンジを獲得でき、Vに玉が入賞することでG-RUSH突入が確定する。

・羽根モノモード

通常時に電チュー入賞すると発生する特殊演出。羽根モノになったガンダムの3つ穴クルーンの入賞穴で大当たりが確定したり、チャンスが示唆されたりする。

・ジオングバトル
 
BONUS中に発生するバトル演出で、勝敗によって突入モードが変化する。ジオングの攻撃パターンは「頭部メガ粒子砲」と「オールレンジ攻撃」の2種類で、後者ならチャンス。「ガンダム先制」「ガンダムが攻撃をかわす」「攻撃を受けたガンダムが復活する」のいずれかで勝利濃厚で、STのG-RUSH突入だ。

『予告アクション』

・オープニング擬似連

アニメのオープニングシーンで展開する擬似連予告。多彩に搭載された擬似連の中でも信頼度が高めのアクションとなっている。

・アムロ回想予告

アムロの回想によって展開する予告。G絵柄停止で擬似連、シャア登場でシャア専用MSリーチ発展となる。

『リーチアクション』

・MS・MAリーチ ビグ・ザム

ドズル・ザビのビグ・ザムをスレッガーと協力して撃破。ビグ・ザムのビーム発射時の背景で星が爆発していればチャンスアップとなる。 

・ラストシューティング

シャアのジオングとのラストバトルで展開するプレミアムリーチ。このシーンは実戦で一度は見たいハズだ!