CRA大海物語2withアグネス・ラム 〜ホール導入後3日間の流れ〜

CRA大海物語2withアグネス・ラム


三洋/2012年7月導入開始

『スペック』
大当たり確率 1/99.9→1/9.99
賞球数3&8&9&13 2or6or15R/9C
確変:100%(ST5回転)
振り分け
15R確変(電サポ100回):4%
6R確変(電サポ50回):60%
4R確変(電サポ50回):5%
4R確変(電サポ25回):31%
時短:25回or50回or100回転(ST含む)


『条件』
一回の連チャンでの総獲得出玉:約1,400個
一回の当たりの平均獲得出玉:約500個


『ボーダーライン』
等価交換 :17.1回/千円
3.5円交換:18.6回/千円
3.0円交換:20.3回/千円
2.5円交換:22.4回/千円
2.3円交換:23.4回/千円

『1日辺りの各平均回数及び確率』
データ収集ホール状況:(神奈川県:3円交換:ボーダー18回転:一日の稼働平均2500〜4000回転)

大当たり回数・・・43.5回
稼働確率・・・・・1/71.94
初当たり確率・・・1/136.23
初当たり回数・・・18.7回

※この数字及び確率が、実際のホールで稼働している平均数値になりますので、この確率付近では台が『勝ち』となります。

・当日狙う台としては、この確率よりも良い台が「波がよい」と判断できます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


※ まだホール導入して間もない台ですので、確率の収束をしていない恐れがありますので、データ数字・確率の信憑性は低いとお考え下さい。

ただ、ホール導入後、新台の確率や当たり回数等の動きは参考になると思いますので、3日間の全台の平均値の流れや、台と打ち手の収支が±0になるラインを、探キチ2会員専用ページへアップします。

後日データ量が集まり次第、その時のデータをアップします。




探キチ2会員様は、『記事全文』をクリックし、パスワードを入力して下さい。

・ご自分が通われるホールのデータと見比べて下さい。

・プレイする側が勝てる台の流れを把握しましょう。

[記事全文]